日本で生活するうえで、様々な手続きが必要となります。
日本に来てから必要な手続きの一部を紹介します。


在留カード

在留カードには、氏名、生年月日、性別、国籍・地域、住居地、在留資格、在留期間、就労の可否など、大切な情報が書いてあります。在留カードはいつも持っていなければなりません。
入国審査で在留資格認定証明書・パスポート・ビザを提出すると発行されますので、受け取ったら、14日以内に居住地の区・市役所で住所の届出をしてください。

マイナンバー

マイナンバー(Social Security and Tax Number)は、一人に一つだけの番号です。住居地の市区町村の役所の窓口で住民登録をすると、外国人であっても発行されます。
12桁の番号ですが、在留カードに記載されている12桁の番号とは違います。
役所で手続きをする際や、アルバイトをする際に提出を求められることがありますので、個人番号が書いてある「通知カード」や「個人カード」は大切に保管してください。

国民健康保険

国民健康保険に加入すると、病気やけがで医療機関に行ったとき、治療費の70%が保険でカバーされます。
国民健康保険への加入は、来日をした時点から必要になります。すぐに居住地の区・市役所の国民健康保険課に加入の申し込みをします。その際、在留カード、パスポートが必要です。

銀行口座開設・通帳作成

銀行口座があると、医療費や税金の還付、奨学金やアルバイト代の振り込みも便利です。更に学費の振り込みも簡単です。
在留カードを持って近くの銀行に行って口座を開設しましょう。

携帯電話購入

携帯電話会社により、サービスや料金システム、携帯電話の機能も全く異なります。
日本の携帯電話の通常契約は最低2年間、中途解約すると、契約解除料が発生します。2年契約が満了する月に、解約の申出がない場合、契約期間が自動更新になります。

アルバイト(資格外活動許可)

留学中の学費その他の経費を補う目的でのみ、週28時間程度のアルバイトをすることが可能ですが、入国管理局へ資格外活動許可申請を行い、資格外活動許可証を取得しなければなりません。
申請の時にはアルバイトをする所や 仕事の内容を所定の用紙に記入します。
入国時に空港で申請することもできます。